【ディズニー報知】さらばヴィランズ〈1〉マレフィセント…TDSハロウィーン終幕で見納め

2018年10月31日14時10分  スポーツ報知
  • TDS「ザ・ヴィランズ・ワールド」 マレフィセント(カメラ・生澤 英里香)

 東京ディズニーリゾート(TDR)の秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」が東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)ともに31日のハロウィーン当日をもって閉幕する。

 TDLのパレード「スプーキー“Boo!”パレード」は来年も継続されるが、TDSハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」は来年のリニューアルが決まっており、最終公演となる。主役を務めていたディズニーの悪役「ヴィランズ」たちをおさらいしておきたい。マレフィセント(眠れる森の美女)、キャプテン・フック(ピーター・パン)、ウィックド・クイーン(白雪姫)、ハデス(ヘラクレス)、ジャファー(アラジン)、アースラ(リトル・マーメイド)。

 ◆マレフィセント ディズニー映画「眠れる森の美女」に出演。オーロラ姫に呪いをかけ、巨大なドラゴンにも変身する強い魔力を持った魔女。金色の瞳で、頭には2本の鋭い角、真っ黒なマントを着用し、先端に緑の水晶玉を付けた杖を持つ。姫の誕生日に「16歳の誕生日日没までに糸車で指を刺して死ぬ」という呪いをかけて立ち去った。

 11月8日からは両パークで「ディズニークリスマス」が開幕するが、11月1日からは、クリスマスグッズやクリスマスメニューが先行発売される。ショーやイベントは空白期間になるが、TDR35周年“Happiest Celebration!”を楽しむことができる。

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

ディズニー
注目トピック