【ディズニー報知】ミッキーマウスが18日にデビュー90周年

2018年11月17日10時0分  スポーツ報知
  • TDSの新しいハーバーショー「イッツ・クリスマスタイム!」で白いコスチュームを初披露したミッキーマウス
  • TDS「イッツ・クリスマスタイム!」ではTDRショー初のラインダンスで盛り上がった(カメラ・能登谷 博明)

 ディズニーのスーパースター、ミッキーマウスが18日、デビュー90周年を迎える。1928年11月18日に、ミッキーが出演するアニメ映画「蒸気船ウィリー」が公開された記念日だ。これを祝うように東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)では、クリスマス・スペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」が8日に開幕。東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)でミッキーが仲間たちと躍動している。

 ミッキーは決して90歳ではない。90年前の11月18日にウォルト・ディズニーが製作した白黒短編アニメ映画「蒸気船ウィリー」が米ニューヨークで封切られたわけだが、その時点で少なくとも少年だから90歳プラスアルファ。いや、そうではなく、永遠の少年だ。我々が勝手に年を取っているだけなのだ。

 今年6月9日にTDRでは、ドナルドダックがデビューしたディズニー映画「かしこいメンドリ」が1934年の同日に米国で劇場公開されたことから、祝祭イベント「ドナルドの“ハッピーバースデー・トゥ・ミー!”」が初開催され誕生日が強調されたが、今回は「スクリーンデビューから90周年」と紹介されている。

 いつまでも現在進行形の不動のリーダーは、8日に開幕したTDR「ディズニー・クリスマス」でももちろん主役を張っている。TDLでは、パレード「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」が開催4年目。TDSでは新しいハーバーショー「イッツ・クリスマスタイム!」が初公開された。ここでミッキーマウスは、ミニーマウスらディズニーの仲間たちとレビューショーに参加している。

 「みんなで最高のクリスマスにしようね」と呼びかけ、シンガーの歌声に乗せてダンサーたちの軽快なタップダンスや美しいラインダンスを繰り広げ、大人のクリスマスデートの雰囲気を盛り上げている。サンタクロースが登場し、プルートにすてきなプレゼントを贈る。

 ショーはミッキーの90周年については触れられない。TDR35周年がメインではあるし、TDSに限定すれば17周年と、ややこしいからだ。「90YERS」のロゴは、TDLのトゥーンタウンと両パークのグッズ売り場にあった。ポストカード(200円)、マグ(1200円)、ぬいぐるみ(3600円)など18種類。アクリルスタンド(1800円)は18日に発売される。

 10年前の80周年ではTDR内のホテルで、抽選で選ばれた11月18日生まれの男女計10人とともに誕生会が開かれ、高さ約2メートルのバースデーケーキで祝ったが、今年は特に発表されていない。TDRを運営するオリエンタルランド広報部では「今のところ未定です」としている。TDRのショーやグリーティングで勝手に祝うことは可能だし、世界のあらゆる場所でミッキーは祝われることだろう。(酒井 隆之)

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

ディズニー
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ