家計簿、写真、名刺、年賀状などラクラク整理

2018年11月21日19時26分  [PR]

 共働きをしていたり、子育てに追われて忙しい毎日を送っていると、ついつい後回しになってしまうレシートや領収書の整理。いざ「家計簿をつけよう!」と決意して始めても「あれがない、これはどこに?」と探しているうちに時間が経っていく。自分で打ち込んだり、書き込んだりしてから計算して、となると労力ばかりかかってしまい結局、長続きしない。そんな経験がある人は多いのではないだろうか。この動画をご覧になってヒントを得ましょう。

■なんでも取り込めば暮らし快適

 家族が持ち帰った名刺や撮り貯めた写真、毎年の年賀状なども同様だ。「後で整理しよう」と思っているうちに家中に紙類があふれてしまい、必要な時に探し出せない。そんな悩める家庭におすすめなのがワンタッチでスピーディーに書類を電子化するパーソナルドキュメントスキャナー「ScanSnap」シリーズの新製品「iX1500」だ。

発売から6年経った今でも圧倒的な人気を誇る「iX500」の後継機で、直感的な操作で簡単に使えるタッチパネルを搭載。また、ソフトウェアも「ScanSnap Home」へ一新。スキャンした原稿の内容から自動的にファイル名を提案するので、入力する手間が省ける。さらに「学習機能」を搭載し、使えば使うほどその人の思い通りに自動でデータを整理する。

 スキャナーの基本機能も改良を重ね、「A4カラー両面毎分30枚(300dpi)」の高速読み取り、「手差しスキャン」による、2つ折り原稿のスキャン、安定した通信が行える「Wi-Fi 5GHz帯」にも対応。身の回りの様々な書類をより快適に読み取れるようになった。

スキャンすることは単なる紙の電子化だけではない。目の前にあふれる情報をストレスフリーに取り込み、人や情報とつながることで、視界が少しずつ広がっていく。また家の片づけに役立ち、時間を有効活用できることで家族での対話も増えていくだろう。

洗練されたデザインでどこに置いても馴染み、親しみやすさの中にもエレガントさを感じる「iX1500」が、快適な暮らしを実現する手助けとなりそうだ。

【提供】株式会社PFU

社会
注目トピック