【新刊レビュー】国宝級マスク研究

2018年11月11日6時0分  スポーツ報知
  • ドクトル・ルチャ監修「国宝級マスク研究」

 ▼「国宝級マスク研究」(ドクトル・ルチャ監修、辰巳出版タツミムック、1600円+税)

 プロレス専門誌「Gスピリッツ」で連載された「“千の顔を持つ男”ミル・マスカラス 国宝級マスク大研究」をもとに、新たに発掘された未公開のマスクを加え、マスカラスの50余年の歴史を網羅。さらに初代タイガーマスクの“虎の顔”50枚+αやエル・サント、ドクトル・ワグナー、フィッシュマン、アニバル、カネック、ドス・カラス、マッハ隼人らのマスクを紹介。実際に本人が使用された本物ばかりだ。

BOOKセレクト
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ