【新刊レビュー】雨上がりの川

2018年12月1日11時55分  スポーツ報知
  • 森沢明夫著「雨上がりの川」

 ▼「雨上がりの川」(森沢明夫、幻冬舎、1728円)

 家族3人、仲良く暮らしていた川合家は、いじめで娘が引きこもりになったのをきっかけに崩壊の危機に陥る。心のよりどころを求めた母と娘は、父に隠れて霊媒師に傾倒していくが…。モノローグでつづられていく物語は、悩みながらもそれぞれの方法で家族の絆を取り戻そうとしていくストレートな気持ちが伝わって来る。

BOOKセレクト
注目トピック