脱二刀流で直木賞を受賞した、島本理生さんの新たな作風

大の日本酒好きという島本さん。関係者たちからは祝福の花代わりに全国の銘酒が続々と届けられ「うれしいんですけど、飲みきれるかな…」(カメラ・生澤 英里香)

8月7日 12:00

 第159回直木賞を受賞した島本理生(りお)さん(35)が、スポーツ報知のインタビューに応じた。娘による父親殺しをテーマにした「ファーストラヴ」(文芸春秋、1728円)は、作家デビュー18年目で念願の受賞をかなえた島本さんにとって記念碑的作品だ。(甲斐 毅彦)  続きを読む…

BOOKセレクト
今日のスポーツ報知(東京版)