【佐藤優コラム】トランプ大統領の不安定さ踏まえ安全保障強化策構築を

2018年5月28日14時0分  スポーツ報知

 24日午前(日本時間同日夜)、トランプ米大統領が金正恩・朝鮮労働党委員長にあてた書簡を公表し、6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談を中止する意向を明らかにした。<トランプ氏は会談中止について、「これは北朝鮮にとっても世界にとっても大きな後退だ」と記者団に述べた。マティス国防長官らと協議したことを明らかにし、「米軍は世界で最強だ。必要であれば、(軍事的措置の)準備はできている」と強調。一方で、「金正恩氏が対話を選ぶなら、私は待っている」とも語った。>(25日「読売新聞」電子版)

 トランプ氏は、首脳会談を中止した方が米国内政の自らの権力基盤を強化につながると計算したのであろう。北朝鮮は24日に豊渓里で核実験場を爆破した。その直後にトランプ氏が首脳会談中止を発表したことで、北朝鮮は「われわれはだまされた」という思いを強めたであろう。もっとも<トランプ米大統領は25日夜(日本時間26日朝)、自ら中止を表明した米朝首脳会談について、ツイッターへの投稿で、予定通り6月12日にシンガポールでの開催を目指す意向を強く示唆した。/(中略)トランプ氏は投稿で「首脳会談を元通りにすることについて、北朝鮮と非常に生産的な協議を行っている」と表明した。>(26日「読売新聞」電子版)。首脳会談が行われる可能性も排除されなくなってきた。筆者は1985年4月に外務省に入って今日に至るまで、さまざまな外交的駆け引きを見てきたが米大統領がこんなに振れ幅の大きな外交をした事例を知らない。

 日本にとって米国は唯一の同盟国であるが、日本としても、トランプ大統領の不安定性を踏まえた上で、安全保障を強化する方策を考えるべきだ。朝鮮半島の非核化問題に関する6者協議の枠組みを用いて、安倍晋三首相が、トランプ大統領、金正恩委員長の他、習近平中国国家主席、文在寅韓国大統領、プーチン露大統領を東京に招いて首脳会談を行い、北東アジアに集団安全保障体制を構築することを試みる価値がある。(作家・元外務省主任分析官)

社会コラム
  • 1
  • 2
今日のスポーツ報知(東京版)