【都市対抗】NTT東日本、36年ぶりV 打率5割5分・福田周平が橋戸賞&首位打者

36年ぶり2度目の優勝を決め、飯塚監督を胴上げするNTT東日本ナイン

7月26日 07:00

◆都市対抗野球 ▽決勝 NTT東日本(東京都)10―4日本通運(さいたま市)(25日・東京ドーム)

 NTT東日本(東京都)が日本通運(さいたま市)を10―4で下し、前身の電電東京時代以来、大会史上最長ブランクとなる36年ぶり2度目の優勝を決めた。同点の7回に下川知弥(かずや)二塁手(24)が勝ち越し3ラン。4本塁打などで11安打10得点を挙げ、53年ぶり2度目の黒獅子旗を目指した日本通運を圧倒した。5試合で20打数11安打、打率5割5分をマークしたNTT東日本・福田周平遊撃手(24)が、橋戸賞(最優秀選手賞)と首位打者を獲得した。  続きを読む…

アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)