中大が練習納め…新主将・吉田「リーグ優勝、日本一を目指したい」

2017年12月22日13時59分  スポーツ報知
  • 来季へ向け気合を入れる中大・吉田主将(左)と投手キャプテンの伊藤

 東都大学野球リーグの中大が22日、東京・八王子市の同大グラウンドで年内の練習を納めた。新主将に就任した吉田叡生(としき)内野手(3年=佐野日大)は「リーグ優勝、日本一を目指したい」と気合十分。オリックスのドラフト1位左腕、JR東日本・田嶋大樹投手(21)とは高校時代のチームメートで、刺激を受けたという。

 投手キャプテンの伊藤優輔(3年=小山台)は「1年生の時から投げさせてもらってきた。来年は自分が引っ張っていかないといけない」と話した。

 吉田は、8月に右手首を骨折して手術。伊藤は、今春リーグ戦で左膝を骨折して手術した。今秋リーグ戦の出場はなかったが、共に順調にリハビリを続けており、来春オープン戦での復帰を目指している。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)