【六大学】早大、練習納めで新主将のエース・小島「変わるきっかけをつかんでいる最中です」

2017年12月22日18時39分  スポーツ報知
  • 来季へ向けて意気込む早大新主将の小島

 東京六大学リーグの早大が22日、東京・西東京市の安部球場で年内の全体練習を納めた。

 今秋は3勝8敗の勝ち点1。東大と勝ち点、勝率ともに並んで両校が5位となり、早大にとっては、1947年秋以来70年ぶりの最下位と屈辱のシーズンだった。

 投手としては、斎藤佑樹(現日本ハム)以来の主将に就任した小島和哉投手(3年=浦和学院)は「OBの方たちからもお話をいただいて、早稲田がこのままじゃいけないと強く言われました。ビリを日本一にするのは難しいけど、変わるきっかけをつかんでいる最中です」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ