【六大学】立大エース左腕・田中、完投でリーグトップ5勝目 明大に逆転勝ち

2018年5月12日14時48分  スポーツ報知
  • 3失点完投で今季5勝目を挙げた立大・田中誠

 ◆東京六大学春季リーグ第5週第1日 ▽立大4―3明大(立大1勝)(12日・神宮)

 立大が逆転で明大に先勝した。エース左腕の田中誠也(3年=大阪桐蔭)が、7安打3失点(自責2)、141球で今季2度目の完投勝利。明大のエース右腕・森下暢仁(3年=大分商)との投げ合いを制し、リーグトップを独走する5勝目(1敗)をマークした。

 173センチ、65キロと小柄ながら、スタミナ十分の左腕は「(明治は)いいバッターが多すぎて…。最後は、打たれるのでも、思い切り腕を振って打たれた方がいいと思って、思い切りいった」と振り返った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)