【関西学生】立命大・辰巳、史上28人目のリーグ通算100安打にあと「2」

2018年5月18日15時0分  スポーツ報知
  • リーグ通算100安打まで残り2安打とした立命大の辰己

 ◆関西学生野球春季リーグ戦 ▽第7節 近大8―1立命大(18日・甲子園)

 今秋ドラフト候補の立命大・辰己涼介外野手(4年)が4回に遊撃内野安打、9回に左前安打を放ち、史上28人目のリーグ通算100安打まであと2安打とした。

 2日前に初めてぎっくり腰を発症したものの「痛みに強いのでびっくりした。3日ぐらいは痛みが続くけど、動きながらで大丈夫と言われた」と、幸い大事には至らなかったという。

 甲子園でプレーするのは初めてだった。「入ったときは興奮した」と、巨人、阪神など大勢のスカウトや編成担当者が視察した中で存在感を示した。「勝つのが大前提で、100安打を打てたらチームも乗る。プラス優勝できれば」と近大戦で勝ち点を挙げ、リーグVを決める意気込みを示した。

アマ野球
今日のスポーツ報知(東京版)