•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

日本ハム、日本一翌年のドラスティックな変革…栗山監督の複雑な思い

2017年9月11日16時0分  スポーツ報知
  • 練習を見つめる栗山監督

 日本ハムのスタメン表を見ていると、ふと、栗山監督が春季キャンプ中にアリゾナで話していたことを思い出した。「開幕スタメンは『こんなメンバー!?』と皆が驚くようになっているかもしれないから!」。

 日本一連覇を目指した17年のスタート。指揮官は「去年のままじゃ絶対連覇なんて出来ない。一度全て壊さないと」とチームの再構築を目指した。

 実際、開幕戦は

 1番(左)西川

 2番(二)田中賢

 3番(指)大谷

 4番(一)中田

 5番(右)近藤

 6番(三)レアード

 7番(中)岡

 8番(捕)市川

 9番(遊)中島

 (投)有原

 と、昨年に近くサプライズはなかった。

 ここから約5か月―、9月10日の西武戦のスタメンに名を連ねた開幕メンバーは西川とレアードの2人だけになっていた。

 近藤、中田、中島、けがでの欠場があるとは言え、チームは日本一翌年にも関わらず、すでに確実に、変革期に来ているのだ。

 ご存じのように日本ハムは今年、トレードを3度行った。(DeNA・黒羽根←→エスコバー、ヤクルト・杉浦←→屋宜、谷元は中日へ移籍)もちろん12球団最多だ。そして先月末にはメンドーサをウェーバー公示し阪神が獲得した。

 このドラスティックさが日本ハムの特徴。チームに長年貢献した谷元、メンドーサの放出にはファンの悲しみの声も聞こえた。谷元の移籍直後、栗山監督は「感謝しかない」とのみコメントし、後は黙り込み涙をこらえていた。感情は複雑だったに違いない。

 日米7球団でプレーした吉井投手コーチは「日本はチームを移るとマイナスのイメージがある。色々行った自分からすればそれがなくなればと思う。動きがあれば活躍の場が広がる」。トレードは主に球団が戦力の向上を目的に主導するものだが、選手の出場機会を拡大するものでもある。

 日本ハムは優勝、そして3位も厳しくなってきた先月から若手を積極起用し始めた。指揮官は「勝たないと意味がない。勝つことで前に進む」と、決して勝敗を度外視して若手に成長の場を与えているわけではないと強調する。それでも、来季への布石であることは間違いない。

 12年にリーグ制覇し、翌年は最下位に沈んだ。そして昨季日本一で現在は5位。このオフは大谷にメジャー移籍の可能性があり、中田、宮西、増井、大野と主力がFA権を持っている。来季は果たしてどんな布陣でV奪回を目指すのか。来年3月、開幕メンバーが早くも楽しみである。(記者コラム 岸 慎也)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
コラム
今日のスポーツ報知(東京版)