•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

九州共立大・望月涼太、「涙のドラフト」を乗り越えて

2017年11月15日10時0分  スポーツ報知
  • 明治神宮大会に出場した九州共立大・望月涼太

 懐かしい顔がテレビのモニターに映っていた。

 「力がなかったから呼ばれなかった。もう一度プロを目指して頑張りたい」―。

 今秋のドラフト候補の1人・九州共立大の望月涼太(4年)の名前は呼ばれなかった。涙をこらえて言葉をしぼりだしていた。TBSのドラフト特番でも特集されたが、「一流のプロ野球選手になる」という夢のスタートラインに立つことは出来なかった。

 滋賀県で高校球児だった私は、望月が通っていた野球塾に隣接するバッティングセンターの常連だった。“硬式球130キロ”のバッティングゲージをのぞくとよく、身長150センチメートルないくらいの小柄な当時中学1年の望月が美しくしなやかなフォロースルーで快音を響かせていた。打ち込みを終えるとすぐ隣のグラウンドへかけていきトレーニングや高校生の塾生に混じって練習を行っていた。塾長や店員も「やめろ言うまで練習やめよらんのや、野球への熱があふれとる、こういう努力できる子はプロいって欲しいなあ」と口をそろえていた。

 中学3年になった望月は進路を東大阪大柏原高校に決めた。「レベルの高いところで勝負してもっと上手くなりたい」と言って滋賀県を飛び出した。

 1年からレギュラーを掴むと、現巨人の石川慎吾らとともに2011年に夏の甲子園に出場。大学は九州共立大に進み、ここでも1年春からベンチ入りを果たすとリーグ通算81試合で110本の安打を積み重ね、この秋のドラフト候補となった。

 社会人チームからのオファーを断ってプロ一本に絞ったが指名は叶わなかった。だがドラフト後、社会人チームから再び複数の電話がきた。レギュラーを保障された関西のチームからの誘いもあったが、望月は「社会人からプロに行くには即戦力として認められないといけない。厳しいところで結果を出さないと」と強豪・東芝でプレーすることを決意した。

 10日から開幕した明治神宮大会で望月と7年ぶりに再会した。背は伸び、大人びた顔になったが、「もっと強く、もっと速く。スカウトも、観客も、もっと見ていて魅力的な選手にならないとですね」と新しいスタートに目を輝かせる姿は少年の頃と変わらない。涙のドラフトを乗り越えた2年後、望月がプロの舞台に立つ姿は、何者かになろうと夢を追う人たちに勇気を与えるに違いない。元・夢見る野球少年だった私はそんな日を楽しみに待っている。(記者コラム 写真部・小林泰斗)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
コラム
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ