•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

難病に立ち向かう阪神・岩田の地道な社会活動を後押しした、同志の存在

2017年12月9日16時0分  スポーツ報知
  • ゴールデンスピリット賞を受賞した岩田

 華やかなパーティーだった。先日、担当チームの阪神・岩田が受賞した報知新聞社制定「第19回ゴールデンスピリット賞」の表彰式に、同行させてもらった。長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督に、斉藤、熊崎新旧コミッショナー、ノンフィクション作家の佐山和夫氏らが続々と控室に集まってくる。

 「もう緊張しまくりでヤバイです。ノドが乾いて、乾いて。変な汗も出て来ましたよ」と岩田は、興奮を隠せない様子だった。1型糖尿病を発症した高校2年の冬から苦節17年。地道な活動がスポットライトを浴びたが、左腕には誰よりも報告したい人がいた。

 「やっぱり僕にとって大村君の存在は大きかったです。大村君が頑張ってるから僕もここまで頑張って来られたんだと思います」

 大村君とは、元エアロビック日本代表の大村詠一さん(31)だ。8歳の時に1型糖尿病を発症しながら、昨年11月まで第一線で活躍し続けた。岩田が大村君を知ったのは、テレビ番組の特集がきっかけだった。

 「僕より年下で病気と闘いながら、競技に打ち込んでいる人がいるんだと思った。テレビを見ていたら『あれ、この子、熊本なんや!』と思って。僕の父親の田舎が熊本なんで、親戚のツテをたどって、大学入学前に会わせてもらうことになったんです」

 目の前にいる大村君は病気を感じさせないほど、小さい体を目いっぱい使い、軽やかに動き回っていた。何より、明るく前向きな姿勢に胸を打たれた。インスリン注射のコツや血糖値のコントロールなど、親切にアドバイスしてもらった。

 岩田の父・広美さんは「大村君に会ってから、本人も『僕もできるんだ』と思ったみたい。一気に表情が変わりました」と当時を懐かしそうに振り返った。岩田は「オレも大村君に負けへんように頑張るから」と握手を交わし、大阪に戻った。

 実は岩田が676日ぶりの勝利を挙げた今年7月27日のDeNA戦(甲子園)の直後。大阪府内の自宅に、馬刺しが届いた。差出人は「大村詠一」だった。

 「エアロビックと野球では選手寿命も違うし、比べようはないですが、大村君も現役からは引退した。僕もいつまでユニホームを着られるかは分からないけど、なるべく長く続けて病気の子供たちに勇気を与えていきたい」

 難病に立ち向かってきた岩田も来季でプロ13年目を迎える。様々な思いを込めて投げ込む白球には、同志との絆が宿っている。(記者コラム 阪神担当・表 洋介)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
コラム
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ