パドレス牧田、1回2三振0封 90キロ・スローカーブにスタンドどよめく

2018年3月15日5時0分  スポーツ報知

 パドレスの牧田和久投手(33)が13日(日本時間14日)、カブス戦で4―4の6回に4番手で登板し、1回を2三振で3者凡退と好投。オープン戦5度目の登板は、スローカーブで相手を翻弄してみせた。

 ふわっとした軌道にスタンドがどよめく。牧田は最初の2人に90キロ前後のスローカーブを投じた。打者は意表を突かれたように動かず。先頭からの2者連続三振は、ともに2球で追い込んで仕留め「(ざわめきが)鳴りやまないと逆に投げづらい」と受け流した。

 3人目は低めのスライダーで凡打。12球で片付けた。捕手ヘッジズは「打者の目線の高さを変え、ピンポイントで球が来た。あれがマキ(牧田)の持ち味」と絶賛したように高低と左右に投げ分け、緩急も駆使。「低めを意識させると高めが生きる」とうなずいた。

 「次はカーブで空振りが取れればいい。(今は)行き詰まったときにどうするかを試す時期」。米国でも少ない下手投げの牧田が順調にオープン戦後半を迎える。

MLB
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ