【楽天】“2人目”オコエを3Aオクラホマシティーから獲得…登録名は名字のディクソン有力

2017年12月26日13時33分  スポーツ報知

 楽天は26日、新外国人のオコエ・ディクソン外野手(27)=ドジャース傘下3Aオクラホマシティー=を獲得したことを発表した。オコエ瑠偉外野手(20)に続く2人目の「オコエ」が加入だが、登録名は名字の「ディクソン」になることが有力だ。背番号は「55」に決まった。

 オコエ・ディクソンは球団を通し、「今回の移籍により私の人生にとって新たなページが開かれることになります。楽天イーグルスの優勝に貢献することを楽しみにしていますし、プレーする機会をくださった楽天イーグルス、またファンの皆様に感謝を申し上げます。私と家族はこれから迎える新たな経験を心より楽しみにしています」とコメントした。

 右打ちのオコエ・ディクソンはマイナー7年間で117本塁打を放ったパンチ力が持ち味で、今季はメジャーデビューも果たした。外国人野手は、史上初めて助っ人として3人そろって20本塁打以上を放ったウィーラー、ペゲーロ、アマダーのトリオが来季も残留するが、不測の事態に備えるだけでなく、熾烈な争いで切磋琢磨(せっさたくま)していくことが期待される。

 来季は投手のハーマン、宋家豪、コラレスを加えた外国人7人体勢で2011年以来となる5年ぶりの日本一を狙う。

 ▽安部井統括本部長「ディクソン選手は引っ張りだけではなく、逆方向にも長打が打てる打撃と、日本で成功したいという強いハングリー精神を評価し、獲得に至りました。今年の10月に左肩の手術をし、現在リハビリをアメリカで行っておりますが、メディカル検査の結果、順調に回復していると判断をしました。ディクソン選手で外国人野手は4人目となりますが、外国人選手内の競争だけではなく、優勝を狙うチームにおいて攻撃のオプションが増やせると思っております」

 ◆オコエ ディクソン(O’Koyea Dickson)1990年2月9日、米サンフランシスコ生まれ。27歳。2011年ドラフト12巡目でドジャース入り。今季はメジャーでは7試合7打数1安打だったが、3Aで116試合24本塁打76打点、打率2割4分6厘。11~17年のマイナー通算は736試合117本塁打437打点、打率2割7分9厘。180センチ、100キロ。右投右打。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)