【日本ハム】大谷、会見中継の道内視聴率は5局で計55%

2017年12月27日6時30分  スポーツ報知
  • 25日に行われた大谷の「お別れ会見」は北海道内で視聴率55%を記録

 エンゼルスへ移籍した大谷翔平投手(23)が25日に札幌Dで行った「お別れ会見」の道内の視聴率が、生中継した5局合計で55%だったことが26日、明らかになった。

 民放4局とNHKで一斉に中継され、平均視聴率は札幌テレビ(STV)の18・2%を筆頭に、NHK12・4%、北海道テレビ(HTB)11・5%、北海道放送(HBC)の6・8%、北海道文化放送(UHB)の6・1%と、軒並み普段の同時間帯の数字を上回り、合計は55%。大谷の、地元で最後の雄姿を生観戦の1万3000人に加え道民の半数以上が目撃したことになる。また、瞬間最高は会見最終盤の18時38分、STVで23・7%だった。

 大谷はこの日札幌から千葉・鎌ケ谷の球団寮に戻り練習を行った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ