【西武】稼頭央、自主トレを公開「みんなが同じ方向を向いて、日本一を目指したい」

2018年1月11日16時29分  スポーツ報知
  • 膝をついてノックを受け、強烈な打球を軽快にさばく松井稼

 今季から西武に15年ぶりに復帰した松井稼頭央外野手兼テクニカルコーチ(42)が11日、都内で自主トレを公開した。午前8時から短距離ダッシュやキャッチボール、室内での守備練習など約6時間、汗を流した。

 日米通算25年目のシーズンに向け松井は、「いい形でキャンプに入ることしか考えてない。今のところは順調です」と明るい表情で答えた。「西武では日本一になったことがない。みんなが同じ方向を向いて、まずはリーグ優勝、そして日本一を目指したい」と意気込んだ。

 古巣では選手兼任コーチとなり、若手への指導も期待される。この日は、自主トレをともにする楽天・内田らにキャッチボールで助言する場面もあった。「あれは教えてるフリ」と笑いながら、「教えるのは難しい。そこは他のコーチの意見も聞きながら、勉強していきたい」と襟を正した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ