【ヤクルト】ヘルニアで昨季出場なしの川端、キャンプ初日から全開

2018年1月13日7時0分  スポーツ報知
  • 餅をつくヤクルト・川端(右)と荒木

 ヤクルト・川端慎吾内野手(30)が12日、愛媛・松山で自主トレを行い、キャンプインする2月1日のフルメニュー完遂を熱望した。椎間板ヘルニアで昨季は初めて出場なしに終わった15年の首位打者。「別メニューは考えていない。最初から(1軍で)同じ練習メニューをこなせるようにやっています」と意気込んだ。

 昨年8月末に患部を手術。リハビリは腰回りの強化に努めてきた。この日は中村、山田らと同じメニューを伸び伸びとこなした。不安はもちろんないわけではない。「実戦感覚はあるわけない。実戦をやった時にどれだけ耐えられるか。後悔しないように、やれることをやっています」と口にした。

 昨季はチームも大敗し、この日は地元関係者が縁起を担いで初めて餅つきを開催。川端も腰を入れてきねを振り下ろした。2個を平らげ「餅だけに粘り強くやります」。一日一歩でも、かむほどに持ち味は増している。(田島 正登)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ