【阪神】西岡、超本気“野球漬け”宣言 日常生活の「10割向ける」

2018年1月13日7時0分  スポーツ報知
  • 打撃練習で快音を響かせる阪神・西岡

 阪神・西岡剛内野手(33)が12日、超本気の“野球漬け”を宣言した。大阪府内の施設で日本ハム・中田らと自主トレを公開。順調にランニングやノックをこなし、「(日常生活の)10割、野球に向けられるようにしないといけない」と復活への熱い思いを打ち明けた。

 16年7月に負った左アキレスけん断裂を克服したが、昨季出場は32試合。「野球をおろそかにすることはない」と基本姿勢は変わらないが「8割が野球、2割が別のところに目が向いているのであれば、10割を野球に…」とさらに自身を追い込むつもりだ。

 星野仙一さん(享年70)に対する恩返しへの思いも強い。ともに日の丸を背負って戦った08年の北京五輪で「とにかくお前の性格のまま、スタイルを貫け」と背中を押され、勇気づけられたという。完全復活が近い背番号5は「隙があるポジションは狙っていきたい」とレギュラー奪回を強調。貪欲に、真正面から野球と向き合う。(長尾 隆広)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)