【ロッテ】ミスターの故郷・佐倉市と「フレンドシップシティ・プログラム協定」締結

2018年1月23日14時59分  スポーツ報知
  • ロッテ・山室球団社長(右)と佐倉市・蕨和雄市長

 ロッテは23日、千葉県内10市に加え、新たに佐倉市と「スポーツを通じた地域振興・地域貢献に関するフレンドシップシティ・プログラム協定」を締結したと発表した。

 フレンドシップシティ協定対象市…千葉市(本拠地)、鴨川市(秋季キャンプ地)、市原市、浦安市、柏市、袖ケ浦市、習志野市、成田市、船橋市、茂原市(県内2軍試合開催地)。

 ロッテは昨年1月、県内10市とフレンドシップ協定を結び、青少年の健全な育成、市民の健康増進・豊かな社会生活を実現することを目的に、各市と連携し様々な活動に取り組んできた。9月1日にイースタンリーグ・巨人戦(佐倉)を開催。また6月17日の巨人戦(ZOZO)、ではユニホームの右袖に佐倉市のワッペンを付けることが決まった。

 調印式に参加した山室球団社長は「今回新たに佐倉市とフレンドシップシティ協定を締結することになりましたことを大変うれしく思います。佐倉市は千葉県の『中等学校野球発祥の地』といわれています。また千葉県民が誇る『ミスタープロ野球』長嶋茂雄さんの出生地でもあり、千葉県の野球にとっては特別な場所であると思っています。その特別な地である佐倉市とこのたびフレンドシップ協定を結べることは大変意義深いことです。千葉ロッテマリーンズはこれからも千葉県を代表するプロスポーツチームとして、これまで以上に地域を盛り上げ、多くの皆様にマリーンズを応援いただけるよう、全力で取り組んでまいります」とコメントした。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)