【ソフトバンク】川崎、キャンプ不参加濃厚 唯一契約未更改で練習再開メド立たず

2018年1月25日6時0分  スポーツ報知
  • ソフトバンク・川崎

 ソフトバンクの川崎宗則内野手(36)が2月1日に始まる宮崎春季キャンプに不参加となることが24日、濃厚となった。キャンプインを目前にしても今季の契約更改を終えておらず、「キャンプイン(の合流)は無理だと思う。自主トレもできていないようだ」と球団関係者が現状を明かした。復帰時期も未定で最悪の場合、開幕に間に合わない可能性も出ている。

 日本一連覇を目指すタカにショックが走った。この日、川島が契約更改を終え残るは川崎だけ。工藤監督は「心配はしているけど球団に任せてある」と話したが、三笠球団統括本部長は「保留選手名簿に載ってますので、契約に向けて話し合いをしている状態。キャンプまでに契約? 何とも言えない」と詳細について口をつぐんだ。だが、練習の本格的な再開時期のメドも立っていないもようだ。

 川崎は昨季、米球界から6年ぶりに古巣復帰。チームが貯金を増やせず4位に低迷していた4月28日に1軍昇格し、持ち前の明るさでチームのムードを変え上昇気流に乗せた。だが、7月24日に両足アキレスけん痛で登録抹消。ポストシーズンでの復帰を目指して9月に2軍戦に出場したが、再び故障した。そのままシーズンを終え、体調不良で優勝パレード、ファンフェスティバルなどオフの球団行事にも参加していない。

 昨季、42試合に出場し打率2割4分1厘、0本塁打、4打点。だが過去の実績に加えファンの人気も高く、球団はムードメーカーとしての役割も期待している。復帰のメドは全く立っていないが、2年連続日本一へ欠かせない戦力と評価し、一日も早い復帰を待ち望んでいる。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)