【日本ハム】中田、右肩の違和感訴え一部別メニュー調整 病院で精密検査へ

2018年2月6日13時22分  スポーツ報知
  • 宿舎行きの車に乗り込む直前、右肩痛で病院に行くことを明かした中田(カメラ・泉 貫太)

 【スコッツデール(米アリゾナ州)2月5日】日本ハムの中田翔内野手(28)が、右肩の違和感を訴えて、参加中の米アリゾナキャンプの一部で別メニュー調整となった。

 キャッチボールでトレーナー相手に数球投げた後、投球をやめると、それ以降は送球動作は行わず、ノックは捕球のみを行った。打撃練習は通常通りに行ったため軽症とみられるが、練習終了後には病院へ向かって精密検査を受けた。

 吉村GMは「疲れもある。(右肩は)投げる時に引っかかっている感じ。何日間かはノースロー」と説明した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)