【DeNA】ソト、タイミング修正で今永から2打席連発「アピールになった」

2018年2月13日6時0分  スポーツ報知
  • 紅白戦で2打席連続本塁打を放つソト

 ◆DeNA紅白戦 紅組4―3白組=特別ルール=(12日・宜野湾)

 DeNAのネフタリ・ソト内野手(28)=ナショナルズ3A=が12日、紅白戦(宜野湾)で開幕投手候補の今永から2打席連発。外国人枠6人目と見られていた男が自慢の長打力で1軍生き残りへアピールした。

 打った瞬間だった。初回2死、今永の内角142キロの直球をとらえた打球は左翼ネットに突き刺さる推定130メートル弾。3回2死の第2打席では3ボールから、外寄り141キロの直球を左翼席へたたき込んだ。デビュー戦となった11日の阪神戦では4打数無安打。1日で修正しソトは「しっかりタイミングを修正できた。いいアピールになったと思う」と、外も内も攻略し胸を張った。

 外国人は、ロペス、ウィーランド、パットンの3人が確定。残る1席をエスコバー、新外国人のバリオスと争う。その上、守ることのできる一、三塁はロペス、宮崎がいる。1軍、そしてレギュラーへは狭き門となるが、それでもラミレス監督は「今永の球を打ったのは評価できる。これから開幕まで長いので様子を見ながら」と期待を寄せる。すしや刺し身にも挑戦するなど積極的な新助っ人。6番目の男ソトが大外から一気にやってくる。(岸 慎也)

 ◆ネフタリ・ソト(Neftal Soto)1989年2月28日、プエルトリコ生まれ、28歳。07年レッズからドラフト指名され13年にメジャー昇格。2年間で34試合出場した。15年ホワイトソックス、16年ナショナルズ移籍。昨季は3Aで68試合で打率2割9分3厘、14本塁打、38打点。今季DeNA入団。185センチ、97キロ。右投右打。年俸3500万円。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ