【西武】中塚、マンゴーになる!?

2018年2月13日18時52分  スポーツ報知
  • イベントに出席しマンゴーのかぶり物をかぶる西武の中塚(左、右は炭谷)

 西武の中塚駿太投手(23)と炭谷銀仁朗捕手(30)が13日、宮崎・日南海岸南郷プリンスホテルで行われたイベントに出席した。

 同ホテルでは、5月12日から7月13日までの期間限定でホテルの愛称を「日南海岸マンゴープリンスホテル」として営業し、地元・日南市のマンゴーを使用した料理、スイーツ、ジュースの販売、またマンゴーをモチーフとした看板の設置などマンゴーに関わるイベントを実施していく。

 西川充支配人が「選手に、南郷のマンゴーを食べてもらいたい」と言うと、マンゴーのかぶり物をかぶった中塚と炭谷が登場。実際にマンゴーを試食し、笑顔を見せた。中塚は「マンゴーを食べたのは人生で2回目。こんなトロトロなマンゴーは初めて。感動してます」。炭谷も「宮崎のマンゴーはおいしい。旬な時期の5月にいつも宮崎からマンゴーを送ってもらってます」と絶賛した。

 最後に、報道陣からマンゴーになった感想を聞かれた中塚は「生まれた時からマンゴーになりたかったので、なれてうれしいです」と冗談を放ち、会場を盛り上げていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)