【日本ハム】清宮幸太郎、札幌Dでフェンス直撃の二塁打デビュー

2018年2月28日18時52分  スポーツ報知
  • 2回2死、本拠地デビュー戦の第1打席で右中間二塁打を放った清宮

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実=が28日、本拠地札幌Dでの練習試合・台湾ラミゴ戦(札幌D)でプロ初安打となる二塁打を放った。「7番・一塁」でスタメンデビュー。2回二死走者なしで迎えた初打席。0ストライク、2ボールからダウンズが投じた内角高めの直球をライナーで右中間に運んだ。本拠地札幌D初めての試合で、初安打。北海道のファンにあいさつがわりの1打を披露し、観客からは大きな拍手が送られた。

 これまでの対外試合では3打席で三振、四球、四球。前日練習では「ちゃんと塁に出ることが大事。かと言って、自分のスタイルも崩したくない。自分らしいプレーをして元気を出して、バットで結果が出せれば最高かな」と話していた怪物が、札幌Dで目を覚ました。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ