【DeNA】ドラ5桜井、ワンポイント登板テスト ラミ監督「開幕1軍の可能性はある」

2018年3月13日7時0分  スポーツ報知
  • DeNA桜井

 DeNAのドラフト5位左腕・桜井周斗投手(18)がワンポイント登板のテストに臨むことが12日、明らかになった。静岡での練習後、ラミレス監督が「イニングの途中から行ってどういう投球をするのか。好投が続けば開幕1軍の可能性はある」と、適性を探る意向を明かした。

 桜井はオープン戦3戦で計3回無失点。しかし、前回11日の日本ハム戦(鎌ケ谷)では宿敵・清宮こそ三振に斬ったものの、1イニング4四球と制球が乱れた。日大三時代にはイニング途中からの登板経験がない左腕は、「今1軍ではそういうところが求められていると思う。応えられるようにしたい」と意気込んだ。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ