【オリックス】金子、4回途中3失点で降板「オープン戦とはいえ悔しかった」

2018年3月14日6時30分  スポーツ報知
  • オリックス・金子

 ◆オープン戦 ロッテ4―2オリックス(13日・ZOZOマリン)

 オリックスの先発・金子は3回1/3を7安打4四球3失点の乱調。4回途中、93球での降板となり「試合中に修正して投げなきゃいけなかった。オープン戦とはいえ悔しかった」と振り返った。

 それでも、シーズンと同じように球種をまんべんなく投げ「いいなと思った変化球もあった」。開幕2カード目初戦の4月3日・ロッテ戦(京セラD)の先発が濃厚で、福良監督は「開幕までに修正してくれれば」と話した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ