【日本ハム】本拠移転最終協議、3月中に方向性出す

2018年3月15日6時30分  スポーツ報知

 日本ハムの本拠地移転を巡り、北広島市と球団は14日、札幌市内の球団事務所で17回目の実務者協議を行った。

 3月中に方向性を決めるとしている球団と同市の協議は今回が最後。「あとは最終判断を待ちたい」と北広島市の川村裕樹企画財政部部長。球団の前沢賢事業統括本部長は「17回重ねて新しい発見と可能性をたくさん見いだすことができた」と話した。真駒内公園を候補地とする札幌市との最後の実務者協議も日程を調整中で、球団は今月中に方向性を決定する方針。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ