【ロッテ】菜七子騎手、始球式で昨年のリベンジならず「悔しいですね」

2018年4月17日19時41分  スポーツ報知
  • 始球式を行った騎手の藤田菜七子(カメラ・生澤 英里香)

 藤田菜七子騎手(20)=美浦・根本厩舎=が、プロ野球のロッテ―オリックス戦(ZOZO)で始球式を行った。

 自身3度目、公式戦では昨年4月20日(ロッテ―ソフトバンク戦)以来2度目の“登板”。3週間前から練習を重ねて、ワンバウンドだった前回のリベンジを狙ったが、ボールは2バウンドで打者の後ろを抜けてミットへ。

 特注で作ってもらった「775」の背番号入り勝負服に身を包んだ藤田は「雨で(直前の)練習が出来ず、一発本番。いや~悔しいですね」と持ち前の負けず嫌いな一面をのぞかせた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ