【DeNA】南場オーナー、地元で白星ならなかった飯塚にエール「今日の経験を次に」

2018年4月17日21時55分  スポーツ報知
  • 試合を視察したDeNAの南場オーナー

 ◆DeNA2―3巨人(17日・新潟)

 DeNAの南場智子オーナー(55)が、出身地・新潟で行われた巨人戦を観戦した。

 先発も同じ新潟出身の飯塚悟史投手(21)。昨年7月4日の阪神戦でも地元登板の予定だったが、雨で中止となっただけに、「存分に力を発揮してほしい」と期待を寄せた。しかし、試合は逆転負けで、勝利投手の権利を持ったまま6回途中で降板した飯塚に白星はつかなかった。試合後、南場オーナーは「飯塚選手にとっては悔しい結果になってしまいましたが、多くの教訓を得た試合でもあったと思いますので、今日の経験を次に活かしてもらいたいです」と、若き右腕にエールを送った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)