【阪神】片岡ヘッドが大山の猫背フォームにメス

2018年4月17日23時13分  スポーツ報知
  • 金本監督(左)と話す大山

 ◆中日―阪神=雨天中止=(17日・豊橋)

 阪神・大山悠輔内野手(23)にメスが入った。愛知・豊橋での中日戦が雨天中止となった17日、中止決定前の打撃練習で片岡ヘッドコーチが指導。打率1割台と苦しむ若武者の猫背フォームをあらためるよう指摘した。

 大山は「直すというか、反るというか、胸を張るよう言われました」と説明。「どうしてもボールに当てようとして、小さくなっていた。自分でも感じていた」と指摘を素直に受け入れた。開幕から14戦連続でスタメン出場しているが、打率1割9分1厘と低迷。しかし3月には侍ジャパンにも選ばれるなど、期待は大きい。「本人も分かってるでしょうが、基本というか、修正というか」と指導した片岡コーチ。18日はナゴヤドームに舞台を移し、仕切り直しの中日戦。矯正は吉と出るか。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)