【オリックス】宗の適時打で先取点 4回にはT―岡田が4号ソロ

2018年5月15日19時0分  スポーツ報知
  • 3回1死二塁、宗が中前適時打を放ち、一塁上でベンチに向かいガッツポーズ(左は佐竹コーチ)

 ◆ロッテ―オリックス(15日・富山)

 オリックスの宗が3回、適時打を放ち先取点をあげた。0―0の3回。大城の中前打、若月の犠打で1死二塁とすると、宗が石川の初球、外よりのシンカーを捉え中前へ適時打を放った。「浮いてきたシンカーをしっかりと打ち返すことができました。(若月)健矢さんが送りバントで広げたチャンスでしたし、なんとか点につなげたいと思っていましたので、ランナーをかえせてよかったです!」と話した。

 打線は4回2死にも、T―岡田が4号ソロを左中間スタンドにたたき込み1点を追加。先発のアルバースを援護した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)