【ロッテ】大谷が国内FA権取得「感謝しかない」

2018年5月26日13時56分  スポーツ報知

 ロッテ・大谷智久投手(33)が26日、出場選手登録が7年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。

 2002年センバツV投手となった報徳学園から早大、トヨタ自動車とエリートコースを歩み、2009年ドラフト2位で入団。中継ぎのスペシャリストとして通算306試合に登板し、19勝29敗107ホールド、防御率3・47をマーク(成績は25日現在)している。9年目右腕は「これだけ1軍で投げさせていただいたおかげ。感謝しかない」と球団への思いを明かした。

 今後についてはシーズン中ということもあり「(FA権を)取ったのが今日で実感もない。一日、一日結果を残さないといけない。それだけです」と明言はしなかったが、球団は来季も必要戦力として残留を望んでいる。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ