堺中央、鮮やか逆転勝ちで3回戦進出…第21回大阪阪南大会

2018年4月11日7時0分  スポーツ報知
  • 堺中央は4回、二塁走者の向山(左)が生還。一挙5点の猛攻を見せた

 ◆第21回大阪阪南大会 ◇中学生の部▽2回戦 堺中央ボーイズ9―4和歌山北ボーイズ(8日・みなと堺グリーンひろば硬式野球場ほか)

 「第21回大阪阪南大会」は2回戦が行われ、堺中央ボーイズが逆転勝ち。東堺ボーイズ、藤井寺ボーイズ、大阪堺ボーイズなども3回戦進出を決めた。

 堺中央が鮮やかな逆転勝ちで初戦を突破した。

 初回、先発・石井が和歌山北に集中打を浴び、いきなり3点を失った。だが、その裏に3番・前原の適時打、2回にも1点を返すと、3回には4番・上月が左前へ同点適時打。小刻みにつなぎ、追いついた。

 迎えた4回、6番・佐名川の内野安打などで1死二、三塁とし、主将の9番・向山が右前2点打で勝ち越し。向山主将は「徐々に打線がつながって点を取れた。(決勝打は)逆方向に意識をもって(打席に)立っていた」と笑顔で振り返った。

 投げても4回から登板した2番手・西村がテンポのいい投球で和歌山北打線を翻弄。味方の失策で1点を失ったが、4イニングを1安打1失点(自責0)。チームを勝利に導き「(4回は)同点だったのでチームに勢いをつけるため、点を取られないようにと思って投げた」と胸を張った。

 逆転勝利での初戦突破にも「もう少しミスをなくしてほしい」と土井監督。同大会は過去3度の優勝を誇るだけに、気を引き締めた。向山主将も「大阪阪南大会に優勝し、全国に行くことができるようにしたい」と、4度目のV、その先の大舞台へと目標を見据えた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)