メバル良型24・5センチ…岡山・犬島諸島

2018年4月17日7時0分  スポーツ報知
  • 岡山・犬島諸島で釣ったメバルとハネ。体高のあるメバルは引きが強く味も良い

 岡山市・宝伝港の沖にある犬島諸島で釣れるメバルは、体高があって引きが強く、大変うまい。そんな“マッスルメバル”との出合いを求めて10日、出掛けた。

 この夜、宇野港の満潮は午後7時6分(144センチ)で次の干潮が翌日の午前1時9分(65センチ)だった。潮位差が小さかったので「潮流は非常に遅い」と予想。いつも引き潮では速すぎて釣りにくい「白石灯台・南西の岩」に上がった。

 日暮れ頃、南から待望の引き潮が流れてきた。仕掛けは、今回も飛ばしウキを使った2本バリのワーミング。メバルが潜むストラクチャーに流れてくるベイトを演出する。

 潮上30メートル付近に仕掛けを投入。流れと同じか若干、速いくらいのスピードでリーリングした。15メートルほど沖までシモリとガラ藻があり、沖からそこに仕掛けを当てるように引くのが狙いだ。

 数投目にゴンとヒット。ジー、ジジーッとドラグが鳴った。横走りする引き…。正体はハネだ。「こいつが多いとメバルは厳しい」と不安になった。

 数投後、仕掛けがストラクチャーに差し掛かった時、リールを巻く手の重みがフッと軽くなった。「来た!」。合わせるとズンと手応え。ギュンギュンとシャープな引きだ。時々、ドラグを逆転させた魚は24・5センチの良型マッスルメバルだった。

 ちょうど潮変わりで流速が上がる“時合い”だったようだ。連続でヒットした2尾目は、さらに引きが強かった。目測20センチ代後半の良型だったが、引き抜いた際にフックが外れてオートリリースしてしまった。

 この日は予想以上に流れが緩かったせいかコンというショートバイトやヒットしてすぐにフックアウトすることが多かった。

 結局、午後11時の納竿までに18~24・5センチの良型を11尾(23センチ以上4尾)とハネ40センチ1尾の好釣果。今後は数も型も期待でき、例年通りなら“梅雨メバル”の頃がピークになるだろう。(報知APG・矢部 卓)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
釣り
今日のスポーツ報知(東京版)