高校時代の江川卓から唯一本塁打の石渕国博さん「江川がいたからこそプロ入りできた」

2018年1月3日20時3分  スポーツ報知
  • 江川卓さん

 3日放送のTBS系「消えた天才 超一流が勝てなかった人大追跡」(後6時)では、怪物と言われた栃木・作新学院高時代の江川卓さん(62)=現・野球解説者=から本塁打を放った石渕国博さん(62)の「今」を追跡取材した。

 栃木・作新学院高時代、公式戦44試合でノーヒットノーラン9回、うち2回が完全試合。公式戦で打たれた本塁打ゼロと絶対的な力を誇り「怪物」と呼ばれた江川さん。そんな怪物・江川から宮崎県での練習試合で本塁打を放ったのが、当時、宮崎実業3年の石渕さんだった。

 現在、宮崎県で建設業を営んでいる石渕さんは一発を放った試合について、「レフトが(外野に飛ばないと思って)サードとショートの間にいた。ナメられているなあと思いました。ストレートにヤマを張って打つしかない。私が振ったところに江川が球を投げてくれただけです」と正直に振り返った。

 この一発が人生を変えた。「広島カープのスカウトの方が来られて、ドラフトにかけるからと言われて」というとおり、社会人野球の川崎重工入社が決まっていたが、一転、ドラフト7位指名を受け、入団。「悩んだ末に川崎重工を断念して。プロより上はない。一度、プロでやっていみたい」という思いからだった。

 しかし、「とにかく、プロとアマチュアの球は違う。もう無理やろと感じて」3年で現役引退。建設業に転身した。

 同番組の取材に石渕さんは「プロ入りは正しかったと思います。いろいろな経験ができた面が大きい。江川がいたからこそ、俺はそれを打ったからこそ、そんな経験ができた。人生を変えてくれました」と話していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ