中村アン、ドラマ会見で桐谷健太に突然告白「結婚前から好きでした」

2018年1月13日12時40分  スポーツ報知
  • 制作発表会に出席した(前列左から)桐谷健太、吉岡里帆、向井理(後列左から)中村アン、石橋杏奈、瀬戸朝香、ムロツヨシ、鈴木紗理奈

 女優の吉岡里帆(24)の連続ドラマ初主演作となるTBS系「きみが心に棲みついた」(16日スタート、火曜・後10時)の記者会見が13日、都内・同局で行われた。出演者でタレントの中村アン(30)が突然、共演者の桐谷健太(37)に告白し、会場が騒然となる一幕があった。

 原作は天堂きりん氏の人気コミック。自己評価が低く挙動不審になってしまうヒロイン(吉岡)が、桐谷演じる誠実なマンガ編集者と、向井理(35)演じる大学時代の先輩の間で揺れ動く三角関係ラブストーリー。

 会見冒頭のあいさつで、桐谷の元恋人役の中村は「切ない感じの役なんですけど、個人的に桐谷さんのことがタイプだった」と打ち明けた。すると、共演者たちから「うそ~」「ここで言うかぁ!」と驚きの声が相次いだ。さらに中村は、「(2014年に桐谷が)結婚する前から好きだった。(共演できて)すごく、うれしい」と髪をかき上げながら赤面した。

 ドラマの会見でまさかの告白に、桐谷は「よろしくお願いします」と喜びをかみしめるようにあいさつ。役柄もヒロインに突然求愛されるとあって「ここまでモテる役は初めて。やっと世間が気付いてくれた」と声高にアピールし、笑いを誘っていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ