「温泉むすめ」が羽田国際線ターミナルでトークイベント

2018年1月14日15時24分  スポーツ報知
  • イベントに参加した(左から)篠田みなみ、長江里加、高田憂希、千本木彩花、澤田美晴、佐藤舞

 日本全国の温泉地を美少女キャラクター化して展開するクロスメディアプロジェクト「温泉むすめ」のトークイベント「YUKEMURI FESTA Vol.9」が14日、東京・羽田空港の「TIAT SKY HALL」で行われた。

 メインユニット「SPRiNGS(スプリングス)」のメンバーを演じる声優の高田憂希、篠田みなみ、長江里加に加え、この日はゲストとして千本木彩花、澤田美晴、佐藤舞が同イベントに初参加。高田が音頭をとり、温泉むすめ恒例のあいさつ「チョイナー!」(草津温泉の民謡「草津節」のフレーズ)で幕を開けると、軽妙な掛け合いとユーモアたっぷりのトークでファンを大いに沸かせた。

 イベント終盤には千本木が「(ファンの)皆さんがすごく温かくて、いろんなことが詰まったとても楽しいイベントでした」とあいさつ。「緊張で前日は一睡もできなかった」という澤田は「これからも(自身が演じる)塩原八弥(しおばら・やや)ちゃんを愛してもらえるよう頑張っていきます!」と力強く宣言した。同イベントはアニメイトタイムズのWEBラジオ「みみぽか!!」の公開録音を毎回、実施。順次配信されている(毎週月曜更新)。

 温泉むすめは、ゲームやアニメ、漫画、小説、担当声優によるライブなど、さまざまなメディアを横断して温泉地を含めた一帯を盛り上げようとする地域活性プロジェクト。海外展開も視野に、「YUKEMURI FESTA」は毎回、「日本の玄関」羽田空港国際線ターミナルの「TIAT SKY HALL」で開催されている。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ