北島三郎、葛西紀明は「やっぱりレジェンドですよね、素晴らしい」

2018年2月10日7時0分  スポーツ報知
  • 日本クラウンヒット賞贈呈式に出席した(左から)鳥羽一郎、和田康孝社長、北島三郎

 歌手の北島三郎(81)が9日、都内で行われた「第54回・日本クラウンヒット賞贈呈式」に出席し、ジャンプ男子個人ノーマルヒル予選を突破し、10日の本戦出場を決めた葛西紀明(45)にエールを送った。

 葛西とは同じ北海道出身。直接話したことはないが、冬季五輪史上最多となる8度目の出場となる葛西に「やっぱりレジェンドですよね、素晴らしい。この年でもできるんだ!というのを見せようとね。絶えず前を向く、少しでも前に進もうという姿勢が大好き」と褒めちぎった。

 “演歌のレジェンド”も、少年時代には、長靴を履いてスキーをやった経験もあるそうで「本当は、俺も(平昌に)行きたいんだよ。大回転、出たかったよ」。また「(2年後には)五輪も日本であるからね。それに備えて『まつり』の勉強をしとかなきゃいけないな~」と東京五輪での『まつり』熱唱に意欲を見せた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)