平原綾香、平昌五輪はフィギュア羽生に期待「メダル? 取れます!」

2018年2月13日15時26分  スポーツ報知
  • ミュージカル「メリー・ポピンズ」の公開稽古に出席した(左から)柿澤勇人、平原綾香、濱田めぐみ、大貫勇輔

 女優・濱田めぐみ(45)と歌手・平原綾香(33)がダブル主演する日本キャスト初演のミュージカル「メリー・ポピンズ」(3月25日開幕、東京・東急シアターオーブ)の公開稽古が13日、都内で行われた。

 1964年に公開され、米アカデミー賞5部門を受賞した映画のミュージカル版。多い日で一日9時間の稽古に励んでおり、魔法が使える家庭教師・メリー役の濱田は「一日中、稽古場にいるので親密感が出てきた。この調子で初日を迎えたい」。平原は「背筋をスーッとして滑舌がよくないといけない役で、苦労しながら朝から晩まで役に向き合ってます」と笑顔を見せた。

 話題はメダルラッシュに沸く平昌五輪に及んだ。2006年トリノ五輪でNHKテーマソング「誓い」を担当した平原は、注目選手にフィギュアスケート男子・羽生結弦を挙げた。けがに苦しみながら連覇を狙う姿に「私も毎日稽古で足の痛みと戦ってるけど、大舞台にむけてメンテナンスして最高のパフォーマンスを目指すのはすごい」と絶賛し、「メダル? 取れます!」と活躍に期待を寄せた。

 このほか、メリーの親友・バート役をダブルキャストで演じる大貫勇輔(29)、柿澤勇人(30)が出席した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)