キスマイ玉森、映画「パラレル―」に主演 吉岡里帆、染谷将太と三角関係

2018年3月12日7時0分  スポーツ報知
  • 映画「パラレルワールド・ラブストーリー」で玉森裕太と共演する吉岡里帆

 Kis―My―Ft2の玉森裕太(27)が、人気作家・東野圭吾氏の同名小説が原作の映画「パラレルワールド・ラブストーリー」(19年公開、森義隆監督)に主演することが10日、発表された。映画主演は「レインツリーの国」(15年)以来。吉岡里帆(25)、染谷将太(25)と男女3人の愛の物語を紡ぎ出す。

 原作は、これまで映画化された小説だけでも約20作にのぼる東野作品にとっても異色の恋愛小説だ。1997年に初版され、累計発行部数は110万部超。三角関係を題材に、2つの世界が並行しながら複雑に物語が展開。

 表現力も求められる作品で、玉森は「信じていたものが、もろくはかなく崩れていくさまや、コントロールできない感情みたいなものを、どう表現するのか。この役や題材は自分にとっての挑戦」と背筋を伸ばした。

 玉森は主人公の青年・敦賀崇史役で、染谷が、その親友・三輪智彦役。吉岡演じるのは「Aの世界」で三輪の恋人、「Bの世界」で敦賀の恋人として存在するヒロイン・津野麻由子。3人はそれぞれ初共演。

 「宇宙兄弟」(12年)や「聖の青春」(16年)などを手がけた森監督は「面白い組み合わせの3人が集まった。愛憎と混乱のパラレルワールドを舞台に、彼らがどんな化学反応を起こすのか」と期待を寄せた。

ジャニーズ
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ