矢口真里が再婚 交際4年一般男性と3月中にも

2018年3月13日4時50分  スポーツ報知
  • 交際発覚から4年でゴールインすることになった矢口真里

 元「モーニング娘。」でタレントの矢口真里(35)が、交際が伝えられていた元モデルの一般男性(30)と今月中にも結婚することが12日、分かった。関係者によると、親族や関係者には「近々結婚する」と報告しており、日取りを見て婚姻届を提出する。

 矢口は1998年に「モー娘」に加入。小柄な体でユニット「ミニモニ。」のリーダーとしても活躍した。抜群のトーク力で中心メンバーの1人としてグループを支えてきたが、09年のハロプロ卒業後、タレントに転身した。2011年に俳優の中村昌也(31)と結婚したが、自身の不倫騒動をきっかけに13年に離婚。無期限休業を経て、14年10月に復帰した。今回の結婚相手は、この時に不倫相手と報じられた男性だ。

 矢口は復帰の際、男性と同棲(どうせい)生活を送っていることを告白。再婚への思いを口にしていた。家族ら周囲は当初、再婚へ向け慎重な姿勢を見せていたが、2人が約4年にわたって順調に交際を続けていることで徐々に応援するムードに変わっていったという。

 現在、矢口はTOKYO MXの情報バラエティー「教えて!アプリ先生」(水曜・深夜1時40分)などのレギュラーのほか、バラエティー番組を中心に活躍中。一方、男性はモデルをやめ、現在は一般企業で働いている。長い冬を経てようやく2人に春が訪れそうだ。

 ◆矢口 真里(やぐち・まり)1983年1月20日、横浜市生まれ。35歳。98年5月「モーニング娘。」に第2期メンバーとして加入。00年7月にユニット「ミニモニ。」を結成した。05年1月にモー娘の第3代リーダーに就任したが、同年4月に脱退した。AbemaTV「矢口真里の火曜The NIGHT」(火曜・深夜1時)にもレギュラー出演。身長144・5センチ。血液型A。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ