美人クライマー・野中生萌、腰骨骨折も大会優勝していた「賞金が100万だったので」

2018年3月13日20時53分  スポーツ報知
  • 野中生萌

 スポーツクライミングで東京五輪出場を目指している美人クライマーの野中生萌(20)が13日放送の「踊る!さんま御殿!!豪華アスリート大集合もうすぐ春ですね祭!」(火曜・後7時)に出演し、腰骨を骨折しながら大会に優勝した経験を打ち明けた。

 野中は“自分はなんて負けず嫌いなんだろうと思うこと”のエピソードとして、自身がプロデュースした女子限定イベントの2週間前に「クライミングジムで懸垂とかトレーニングができる鉄パイプがあるんですけど、思いっきり体をブンブン振って遊んでたんです。足が完全に向こうに行って横になった状態の時に手がすっぽ抜けて…(体が)真横の状態で2メートルぐらいの高さから床にダンッって…」とまさかの事態を告白。さらに「その時は軽い打撲だろって思ってたんです。だけど朝起きたら全く動けなくって、病院行ったら腰骨骨折していて…」とその事故で大けがを負っていたことを打ち明けた。

 しかし「まずいと思って…歩くのも座るのも全部痛いんです。誰にも言うことができなくて…優勝賞金が100万円だったので、そこには絶対に負けられない戦いがあったので…」と優勝賞金獲得へ強行出場。「当日全然治ってなかったんですけど、痛み止めと、エナジードリンクをずっと飲んで出て、優勝して100万取りました」とのエピソードを明かし、出演者を驚かせていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ