大杉漣さん初プロデュースの主演映画「教誨師」、10・6公開決定

2018年3月15日7時0分  スポーツ報知
  • 大杉漣さん

 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優、大杉漣さん(享年66)が初プロデュースした主演映画「教誨師(きょうかいし)」が10月6日に公開される。

 受刑者が改心できるように導く教誨師(大杉さん)が6人の死刑囚と対話する姿を描く。佐向大監督は「3年前、小さな喫茶店で、この企画を一番最初に話したのが大杉さんでした。『いいね、やろうよ』。その一言をきっかけにこの作品が生まれました。私にとって主演俳優以上の存在だった大杉さんの訃報を前に、全く心の整理がついていません。ただこれだけは言えるのは、人生は限りがある。だからこそ、かけがえのない時間を、かけがえのない仲間とともに、どんなお仕事でも遊びでも手を抜かず、一瞬一瞬を精一杯全力でやられていた方だったのではないか。あの優しさ、包容力、エネルギーはそんなところからきていたのではないか。今はそんな気がしています」とコメントした。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ