元「℃―ute」鈴木愛理、同い年の大谷翔平&羽生結弦の活躍に刺激「私も乗っていかないと」

2018年4月10日21時15分  スポーツ報知
  • ソロ公演を行った鈴木愛理

 元「℃―ute」で歌手の鈴木愛理(23)が10日、東京・台場の「Zepp Tokyo」でソロライブ「1st LIVE~Do me a favor」を行った。

 昨年6月のユニット解散以来、充電期間を経て今年3月より歌手として活動。「15年目の新人です」と謙虚な姿勢を見せる。この日はダンスのキレで知られた℃―ute時代の「ベーグルにハム&チーズ」「As ONE」や、バンド系派生ユニット「Buono!(ボーノ)」で歌った「初恋サイダー」など21曲を披露。「ダンスミュージック、バンドミュージックの“二刀流”です」と笑った。

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(23)とは同い年。さらに平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)も同じ。「(動向に)注目しています。私も(波に)乗っていかないと」と同世代の活躍に刺激を受ける。報道陣から「目指すは『アイリ世代』か?」とからかわれると「ダメ、ダメ! おかしいよ」と笑ってたしなめる。

 6月6日にはデビューアルバム「Do me a favor」をリリース。愛くるしい笑顔とパフォーマンスレベルの高さで℃―uteでもトップレベルの人気を誇っていただけに、7月にはハロプロOGとしては初の日本武道館公演も決まっている。「℃―ute時代に夢だった場所。だんだんライブにも慣れてきたので『これが鈴木愛理』というものを見せたいです」と力を込めていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)