鈴木おさむ氏、森三中ら女芸人から近藤春菜が「総スカン」報道に反論「笑っちゃいました」

2018年4月16日11時57分  スポーツ報知
  • ハリセンボン・近藤春菜

 お笑いトリオ・森三中の大島美幸(38)の夫で、放送作家の鈴木おさむ氏(45)が15日、自身のブログを更新。ハリセンボンの近藤春菜(35)が、森三中ら女性お笑い芸人から「総スカン」を食っているとした一部報道に対し、「まったくそんなことないし」と反論した。

 報道によると、春菜が女優や歌手らとばかり飲み会を開いているため、仲の良かった森三中や大久保佳代(46)らから総スカンを食い、女性お笑い芸人の中で孤立しているという。

 鈴木氏は「妻も僕もお世話になっている作家さんからメール。『奥さんにハリセンボンと仲良くしてくださいと伝えてください(笑)』ネットニュースに出てたんですけどね」と切り出し、「ハリセンボンの春菜ちゃんに対して、女優とばっかりご飯行ってて、女芸人との付き合いが減ったと森三中が怒ってると書いてあり。僕もたままた見たんですけど」と説明。その上で、「妻は見てなくて。僕は見て爆笑。すごいよね。だって、まったくそんなことないし」と否定した。

 そして「そもそも妻も村上も育児してて、そんなに女芸人さんとご飯行く機会ないし。黒沢が怒ってないだろー。こないだ鬼奴と街歩いてたし。いや、笑っちゃいました」とつづった。

 「フェイクニュース増えている中ですが…すげーなと。妻もかなり笑ってました」と大島の反応を明かし、「ハリセンボン二人。あんなにしっかりしてる子達いないでしょ。超おもしろいし」と賞賛していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)