三山ひろし、故郷高知で龍馬の曲「演歌で1番に」

2018年4月22日6時0分  スポーツ報知
  • 故郷・高知県で坂本龍馬をテーマにした最新曲「いごっそ魂」を披露した三山ひろし

 高知県出身の演歌歌手・三山ひろし(37)が21日、高知市・桂浜で行われた「幕末維新博 第二幕」の開幕セレモニーに出席した。

 最新曲「いごっそ魂」は故郷の英雄・坂本龍馬をテーマにした楽曲。「龍馬さんは高知の人間にとって特別な存在。歌手になって10年、明治維新から150年という年に、この歌を歌うことができて縁を感じています」としみじみ語る。

 3年前に坂本龍馬記念館の三浦夏樹・主任学芸員から「家族思いでユーモアがある三山さんと龍馬は共通点が多い。ぜひ龍馬の歌を歌ってほしい」と直筆の手紙を受け取ったことが同曲の制作に結びついたといい「県民全体が応援してくれている。やらないかんぜよ、という気持ちになった」と背中を押されたという。

 セレモニー後は、龍馬の扮装(ふんそう)でクルーズ船「咸臨丸」に乗船しミニライブを披露。「今はまだ胸の内だけですが、いつかは『演歌で1番は三山』と言われるようにという大志は持ち続けたい」と誓いを立てた。また、ライフワークのけん玉も年内の5段昇段を目標に掲げ「龍馬さんをかたどった、『夜明け一周』のようなカッコイイ技を作れたら」と語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)