安田大サーカス・クロちゃん、糖尿病の数値改善も裏切りの焼き肉で自覚なし

2018年4月23日21時23分  スポーツ報知
  • クロちゃん

 安田大サーカスのクロちゃん(41)が23日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!」(月曜・後7時)で、教育入院の成果をぶち壊す暴飲暴食が暴露された。

 過去の同番組で深刻な2型糖尿病と診断されていたクロちゃん。教育入院の結果、空腹時血糖が233から103、ヘモグロビンA1cも11・7から5・5と、いずれも正常値へ劇的改善。クロちゃんが「僕がやってることは間違っていたとはっきりわかった」と殊勝に話すと、出演陣、医師団から称賛の声が相次いだ。

 しかし続くVTRでは、SNSによる虚偽報告の実態が暴露される。テレビ局でサバ弁当を選び、ご飯を半分よけてはみたものの、同じく用意されていたトンカツ弁当からカツを取り出してパクリ。夜には焼き肉へ。「ほかで帳尻合わせるから」とカルビを頬張り、ライスをおかわりし、酔っぱらってご機嫌。スムージーとササミでスタートした同日の摂取カロリーは結局3000キロカロリーを超えていた。

 その後のスタジオは水を打ったように静か。共演のFUJIWARA藤本敏史からは「だから言ったやん。信用したらこっちがバカを見るって」。塩分の過剰摂取による“要注意レベル”の慢性腎臓病も指摘され、「不健康な生活するために一生懸命努力して健康になったんだから、たまには不健康なことしてもいいじゃん!」との逆ギレ・ギャグもダダスベリだった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)